ソフト闇金の特徴


  • ヤミ金と比べて金利が低い

ソフト闇金の金利は、7日で2割、10日で3割というのが一般的です。通常の闇金に比べて金利が低い傾向にあると言っても、正規の消費者金融に比べると、圧倒的な高金利です。

このような超高金利は、当然出資法に違反します。出資法は、貸金業者などを規制することを目的として制定された、高利貸しを取り締まる法律です。

出資法で定める上限金利(年利20%)に違反した貸し付けを行った場合、10年以下の懲役 もしくは3,000万円以下の罰金 または これを併科されます。

  • 対応がソフトで丁寧

ソフト闇金は、通常のヤミ金に比べて、威圧感がなく、一般的なサービス業と同じように丁寧で物腰柔らかな対応をするのが特徴です。

一見して、利用しやすい印象を持ちますが、実際は違法な高金利で貸し付け、その高額な金利を得ることを目的としているため、その対応はあくまで表面的なものであると言えます。

つまり、利用者を集めるためには、威圧的な態度を取るよりも、ソフトで丁寧な対応をする方が騙しやすく、効率がいいというだけのことなのです。

  • 取り立てが比較的ソフト

ソフト闇金の当初の取り立ては、通常のヤミ金のように派手に行うことはありません。厳しい取り立てをするよりも、人間関係を利用するほうが簡単に徴収できることを心得ているからです。

利用者Aの支払いが滞ると、友人からの口コミで利用した別の利用者Bに返済を強要します。結果的に、友人に迷惑をかけることを嫌がるAは、お金を工面してソフト闇金へお金を返済することになります。

ただし、ソフト闇金と言っても、ヤミ金に変わりはありません。返済の遅延が長引けば、過酷な取り立てを行います。


ソフト闇金の手口


ソフト闇金は、比較的近年に登場した違法金融業者です。

基本的に、短期(1週間、10日もしくは2週間)で小口の貸付を行い、出資法に違反する高金利を取るというのが、ソフトヤミ金の手口です。

ソフトという言葉が付いているため、通常のヤミ金に比べて優しく、抵抗なく借りることが出来るという印象を持ちますが、それは大きな誤解です。

ヤミ金のような威圧感がなく、話しやすいというだけで、根本的には通常のヤミ金となんの違いもありません。

安易にソフト闇金からお金を借りてしまうと、取り返しがつかなくなる場合があるため注意が必要です。

では、ソフト闇金とは具体的にどのような存在なのでしょうか?次のページでは、ソフト闇金の実態に迫ります。

 

ソフト闇金の実態

ソフト闇金は、貸金業者ではなく、違法な貸し付けを行う犯罪者です。
次のページではソフト闇金の実態に迫ります。