ソフト闇金の実態

ソフト闇金は、女性や学生でも利用しやすいといわれていますが、それは本当なのでしょうか?
このページではソフト闇金の実態に迫ります。

 

闇金の現状


警察庁が発表している「無登録高金利事犯の検挙状況の推移」によれば、ヤミ金被害は平成23年をピークに減少傾向にあるようです。


無登録高金利事犯検挙事件数の推移


平成23年 無登録高金利事犯検挙事件数

254件

平成24年 無登録高金利事犯検挙事件数

190件

平成25年 無登録高金利事犯検挙事件数

168件

平成26年 無登録高金利事犯検挙事件数

151件

平成27年 無登録高金利事犯検挙事件数

140件

ヤミ金とは、国や都道府県へ「貸金業登録」を行わずに貸金業を営んでいる者のことを指します。また、出資法で定められた上限金利(年20%)を超えた貸し付けを行う貸金業者もヤミ金として定義されます。

左のグラフは、「無登録高金利事犯」の検挙数の推移を表しています。「無登録高金利事犯」とは、貸金業法に違反する無登録営業と、出資法に違反する高金利で貸し付けを行う違法貸金業者のことを指します。つまり、ヤミ金のことです。

2010年(平成22年)6月に貸金業法が改正され、総量規制が設けられたことにより、正規の消費者金融から借入が出来なくなった債務者が、ヤミ金を利用するケースが増加しました。

グラフを見る限り、闇金事件の検挙数事態は減少傾向にありますが、事件化せずに水面下で問題になっているケースも考えられるため、ヤミ金犯罪自体が減少しているとは限りません。

データ元:「ヤミ金融事犯の検挙状況」


下記グラフは、「ヤミ金融関連事犯」に関する推移をまとめたものです。


ヤミ金融関連事犯の検挙状況の推移


平成23年 検挙事件数

112件

平成24年 検挙事件数

135件

平成25年 検挙事件数

173件

平成26年 検挙事件数

271件

平成27年 検挙事件数

302件

「ヤミ金融関連事犯」とは、貸金業に関連した犯罪収益移転防止法違反(振り込め詐欺など)、詐欺、携帯電話不正利用防止法違反(携帯電話購入詐欺・白ロム詐欺)等のことを言います。

「ヤミ金融関連事犯」は、年を追うごとに増加傾向にあることが分かります。

このデータを、先の「無登録高金利事犯検挙数」と併せると、ヤミ金が行う違法貸付け行為は、従来の形態から姿を変え、振り込め詐欺や携帯電話を購入させる詐欺、年金担保融資詐欺、保証金詐欺などに移行していることが分かります。

このように、ヤミ金は、形を変えて蔓延り続け、金銭的に困窮した人などを中心に悪質な搾取を行うことを企んでいます。

データ元:「ヤミ金融事犯の検挙状況」


ヤミ金に変わって、ソフトヤミ金が台頭した原因は、2010年6月に完全施行された貸金業法の改正に伴う、規制強化が原因だと言われています。

従来であれば、正規の消費者金融からお金を借りることが出来た人が、借入総額が年収の1/3までに制限される総量規制により、審査に通らなくなったためソフトヤミ金に手を出すようになったと考えられています。

事実、ソフトヤミ金の利用者は、フリーターや派遣などの非正規労働者、主婦、自営業者などの収入が安定しない人が中心です。

つまり、ソフトヤミ金の利用者と、総量規制の対象者は合致するのです。

それまでのヤミ金とは違い、当たりの柔らかい対応で利用者に安心感を与えるソフトヤミ金は、消費者金融の審査に落ちた人達の受け皿として機能したという側面があります。

 

ソフト闇金の実態


ソフト闇金業者

ソフトヤミ金には、利用者に対して親切に融資の相談に乗ったり、家庭の悩みを聞いてアドバイスをしてくれるような業者が存在します。

身なりも小奇麗で、話し方も丁寧なので、普通のサービス業と変わらない印象を感じさせる者も多くいます。

このように、ソフトヤミ金は、一見して親切なように見えますが、これは単に信頼関係を構築することで、利用者が警察や弁護士・司法書士に相談することを抑止しているに過ぎません。

つまり、通常の闇金のように高圧的な態度で接するよりも、優しく丁寧に対応する方が、利用者からよりお金を引き出せると考えているのです。

ソフトヤミ金の狙いは、長期間に渡って、定期的に高い利息を回収することなのです。

グループ

また、ソフトヤミ金は、利用者に対して、知人や友人間でグループを組ませて貸付けを行う場合があります。つまり、友人・知人を紹介させることで、利用者の輪を広げようとしているのです。

この利用者にグループを組ませる行為は、相互監視や連帯責任を負わせることを目的としています。

仮にグループの中の一人が返済不能に陥り、返済期日にお金を用意出来なかった場合は、グループ内の別のメンバーに連絡して、本人を連れてくる、もしくは肩代わりするように要求します。

返済不能になった者は、仲間に迷惑をかけることを後ろめたく思う心理が働くので、なんとしてでもお金を工面して、ソフトヤミ金へ返済しようとするのです。

 

ソフト闇金の解決策